LINEで相談

サイトロゴ

メニュー

BLOGブログ

満腹戦隊オイシンジャー 第5話

更新日 : 2021.09.08

いつも通りご当地レトルトカレーの話。
ヒラマ写真製版の黄レンジャーこと、ぐるまんでぃーずスズキです。
「ダイエットハ アシタカラ」と毎日思っている、仕事よりご飯が好きな陳(ひ)ねデザイナー♀です。
こんにちは。
昨日ブログ更新当番だったのに忘れちゃった!
更新日を昨日に設定して大急ぎで投稿だ!

さて。
今回はご当地レトルトカレーを楽しむ上でのマイルール。
最後の1つ。
これはもうルールというより好み。

イメージ

相方さんは出張で北海道と九州に行くことが多いのです。だいたい3ヶ月に1度。このカレーたちは函館で買ってきてくれたもの。ボイルされたホタテ・エビ・イカ・カニが別添された「函館 五島軒 海鮮カレー」(右)とカニの風味がものすごい「たらばがにカレー」(左)。デッカイドーはカレーの具材の宝庫だね。

マイルール(3)もはや好みともいう

3.牛・豚・鶏カレーはあとまわし

カレーには必ず入っているモノ。
入ってないと悲しくなるモノ。
より大きいのが入ってると嬉しくなるモノ。
それは肉。
野菜や果物がメイン食材なこともありますが、何かしらの肉が準主役。
準主役ならいいのです。

残念なことに、どんなに良い牛肉・良い豚肉・良い鶏肉を使用していても、カレーに負けます。
松坂・米沢・近江・前沢 etc...名だたる銘柄牛のご当地レトルトカレーを食べたけれども、全部カレー味。
レトルトの。当たり前だけど。
私は「むむ!これは米沢牛の脂の甘みだね!」と分かるほどの舌は持ち合わせておりません。
食べ比べても無理でした。(「あ、スジ肉だね」というのは分かる←トロトロだから)
お高いお肉がもったいないんですよね。

なので、変な?メジャーではない?食材がメインのご当地レトルトカレーを選ぶことが多いです。
資産は有限ですし、売ってるもの全部は買えません。きっぱり。
少々苦手な食材ががっつり入っていても、カレー味が頑張ってくれるから。
先月旅行へ行って買ってきたご当地レトルトカレーは「三陸 ほやカレー」。
生のホヤは食べられません。苦手。

次回もカレー話が続くのかな?
もうネタ無いよ?

Archives