LINEで相談

サイトロゴ

メニュー

BLOGブログ

近ごろのヘビロテ盤- vol.01-

更新日 : 2022.02.21

『Ants From Up There』Black Country, New Road

イメージ

こんにちは。
音楽大好きデザイナーの吉原です。

暇さえあれば音楽をディグる日常を過ごしている僕ですが、こないだ久しぶりにヘビロテするほど気に入った音楽があったので新たに『近ごろのヘビロテ盤』と銘打ってさらなるヘビロテ盤と出会えることを願いつつシリーズ化していきたいと思います。

さて、記念すべき第1回目はこのところ最低でも1日1回は聴いているBlack Country, New Roadの『Ants From Up There』を紹介したいと思います。

Black Country, New Roadは、2018年にケンブリッジシャー州で結成されたイギリスのロックバンドで、アイザック・ウッド(ギター/ボーカル)、タイラー・ハイド(ベース)、ルイス・エヴァンス(サックス)、ジョージア・エラリー(ヴァイオリン)、メイ・カーショウ(キー)、チャーリー・ウェイン(ドラム)、ルーク・マーク(ギター)から構成されています。
2019年にデビュー・シングル「Athens, France」と「Sunglasses」で最初の注目を集め、2021年に発表したデビュー作『For the First Time』は高く評価されました。
そして2022年にリリースされた待望のセカンド・アルバムが本作です。

ヘビロテ盤のヘビロテ曲『Haldern』

Black Country, New Roadにはロックバンドとしては珍しいサックスとヴァイオリンが在籍しています。
そのサックスとヴァイオリンがいい仕事してるなぁ〜と唸らされるのが『Haldern』です。
シンプルな構造の楽曲でありながらダイナミズムを感じさせる耳触りになっているのはまさしくアンサンブルの妙ですね。
なんとなく朝の景色や、雄大な自然を眺めながら聞きたい1曲です。

今後の期待と不安

イメージ

2作連続で絶賛されまさしく飛ぶ鳥を落とす勢いのBlack Country, New Roadですが、なんとセカンドアルバム『Ants From Up There』リリース4日前にアイザック・ウッド(ギター/ボーカル)の脱退が発表されたのです。
Black Country, New Roadにとってはサックス・ヴァイオリンに次いでアイザック・ウッドの特徴的な歌と語りの中間のようなボーカル(シュプレヒゲザングと呼ぶそうです)がバンドのアイデンティティとなっていただけに非常に残念です。

いかがだったでしょうか?
今後の動向が非常に気になるBlack Country, New Road
ぜひご一聴ください。

Archives