LINEで相談

サイトロゴ

メニュー

BLOGブログ

満腹戦隊オイシンジャー 第19話

更新日 : 2022.04.15

またもお出かけ話。
月に2回ほど相方さんとどこかへ出かけていて、それがちょうどブログのタイミングと合うのです。
(たまに籠もってカレーを食べます)
(そろそろ食べねば新しいカレーが買えないくらいにストックが…汗)

4月2・3日に山形へ行ってきた、陳(ひ)ねデザイナー♀・ぐるまんでぃーずスズキです。
こんにちは。
過去2回の訪山形では米沢市の小野川温泉に滞在しましたが、今回はちょっと足を伸ばして南陽市の赤湯温泉へ。
小野川温泉へは1月に行ったのに、4月にも行ったら「小野川温泉好き過ぎか」と言われてしまう。笑
(好きです)

下の写真は、福島と山形の県境にある長ーいトンネル。
道路トンネルの長さ部門では日本5位、無料で通過できる道路トンネルの長さ部門では日本一だそうですよ。

イメージ

トンネル手前の福島側は雪なんてうっすら残ってるかな〜?くらいだったのに、トンネル抜けたらこれです。
リアルに川端康成を思い出したよね。
あれは汽車だけどね。
夜でもないけどね。

イメージ

源泉かけ流し半露天風呂付き客室

イメージ

お世話になったのは「旅館 大文字屋」さん。
外観はちょっとレトロというかちょっと古いというか…ですが、館内はきれいにされています。
温泉街という建物がギュッと集まったところなので、建物の間を縫うように継ぎ足し継ぎ足し増築されていて、内部は迷路のようでしたが。
老舗あるある。

栗子トンネルを抜けてすぐは雪がたくさん残っていたのに、南陽市内は日陰に残っているくらい。
標高の差でしょうかね?
建物脇の階段を登ると烏帽子山という小さな山があり(ハァハァ言いながら登りました)まして、日本さくら名所100選の「烏帽子山公園」があります。
残念ながらこの時の南陽市は梅もまだ咲いていなくて。
女将さんによると「この辺は梅が咲いたら1週間で桜が咲くよ」とのこと。
北国は一気に春が来るんだね。
(烏帽子山公園の桜は本日時点で「咲き始め」だそうです グルマンディーズすずき調べ)

イメージ

泊まったのは半露天風呂付き和洋室。
チェックインして一服して温泉、モンハンしてご飯して温泉、モンハンして温泉、寝る前に温泉、起きて温泉、朝ご飯を食べて温泉、チェックアウト。
温泉三昧♨️

赤湯温泉は、源義家が戦をしていた時に弟の義綱が発見したとされる温泉です。
兵士が戦で傷ついた体を癒した際に、傷から出た血で湯が真っ赤に染まったことから赤湯温泉という名前になった、なんともオドロオドロし…生きてるんだからそうでもないね。
そんな由来。
小野川温泉と泉質が似てると思うんだ。
赤湯温泉も小野川温泉も、お肌のキメが整う感じのお肌すべすべ湯♨️
(行方市北浦のお湯はピーリングでお肌すべすべになる感じ)
赤湯温泉の方は小野川温泉より湯ノ花と硫黄臭が少ないかな。
お肌すべすべ具合は赤湯温泉の方が高いのかなぁ…ちょっとお肌の状態悪かった(繁忙期のおかげ)から余計にそう感じたのかも。
山形って温泉がいっぱいあっていいよね〜。

食事はお部屋を出て廊下を挟んだ向かいで個室食となっており、人目を気にせず写真をパシャパシャできたのでした。
さぁ、恒例のあの時間だ!

怒濤のご飯写真

イメージ

日本海へ行くのにも太平洋へ行くのにも同じくらい時間がかかりそうだぞっていう土地だけに、若干残念なメニューではありますが、それもおもてなしの心からと思うので寛容に。
メインはとろける米沢牛ステーキ!
「ステーキは飲み物です」ってくらいやわらかウマ〜イ🎶
ご飯にのっけるのは絶対正義デスネ。
それから、ご飯がつやつやウマイ。米がウマイ。
しっかり完食。
ごちそうさまでした!

今日も満腹。
今日も幸せ。
ではでは、See ya!

Archives