LINEで相談

サイトロゴ

メニュー

BLOGブログ

つぎはつつじ

更新日 : 2022.04.20

花の色は うつりにけりな〜 

イメージ

しばし目を楽しませてくれた桜は、むなしく散り果てまして、
今は花の軸が、容赦なく降り注いでおります。

花梗(かこう)とか花柄(かへい)という名前のようです。

人によっては、びっしり降り積もった花梗を「絨毯」的にプラス評価される方もいるようです。
そんな呑気な。
こっちは、毎日戦いですよ。

「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」

桜を代表するこの歌の通り、散ったあとのこの時期は、
花の盛りの頃を懐かしみつつ現状の虚しさを感じるのが、正当ではないでしょうかね。
良い時期、悪い時期、順繰りなので、残念な時は残念な気持ちを味わうと。

さて「躑躅」です。

イメージ

桜の時期が過ぎて残念ですが、次の主役が控えています。

『躑躅』(つつじ)です。

難しい漢字ですが、音読みで(テキチョク)と読むと、「足踏みする」という意味だそうです。
つつじとは何の関係も無さそうですが、一説には「その美しさに立ち止まる」からこの字が当てられるそうです。
知らないことばかりです。

なかなか見事なんです、ヒラマツツジ

イメージ

桜もそうですが、つつじもなかなか見事なんです、当社は。

これからしばらくは、きれいな花で気持ちを癒やしてくれます。

花梗にうんざりした気持ちを....(つω`*)

コンシェルジュ高谷でした。

イメージ
イメージ

Archives