LINEで相談

サイトロゴ

メニュー

BLOGブログ

満腹戦隊オイシンジャー 第26話

更新日 : 2022.07.08

今回はお出かけ大好き陳(ひ)ねデザイナー♀・ぐるまんでぃーずスズキが、お気に入りホテルをこっそりご紹介します。
こんにちは。
7月2日・3日、相方さんと一緒にお気に入りのホテルに行ってきましたよ。
今年になってからは初めてですが、去年は4月と8月と12月の3回も泊まってしまうくらい好きなホテル。
観光するでも何をするでもなく、このホテルに泊まりたくて泊まるホテル。
場所は茨城県・神栖市です。

アトンパレスホテル 茶寮 砂の栖

イメージ

こちらは、アトンパレスホテル(←クリックで公式へ)のロビー。
うっわ。すっごい。
アトンパレスホテル自体は泊まったことはないんだけど、シティホテルのくくりになるのかな?
チェックインすると、着物姿の仲居さんが迎えに来てくれて、アトンパレスホテル本館から連絡橋を渡って隣の建物(国際館)へ案内されます。
さらにそこから「茶寮 砂の栖」の宿泊者専用の鍵付きエレベーターを通って、バーンと出てきたのがこの眺め。

イメージ

4階なんですけど…ここ。
全面畳敷きの廊下を通って、案内されたのは和室10畳+6畳+洋室16畳っていう豪華なお部屋。
いつもは特別室っていう1ランク下のお部屋だけど、今回はちょっぴり贅沢して「雅特別室」に泊まりしました。

イメージ

ベッドの向こうに見えるのは、温泉じゃないけど露天風呂。
ご飯は夜・朝ともに和室でお部屋食となっています。
なので、お部屋に入ったら、ご飯が運ばれてくる以外は誰にも会わず外にも出ず、全て完結できるのです。
(本館の方に大風呂もあるけどね←行ったことない)
帰りの鍵付きエレベーターに乗るから鍵を返却するのは本館ロビーですが、精算もお部屋です。

使ってない時のお部屋の方が広いってもったいないよね。って思ってしまう小市民。
次からはいつものお部屋でいいです。(苦笑)

イメージ

ふわとろのわらび餅とお抹茶でお迎えされ、ホッと一息。

難点もあります

「茶寮 砂の栖」さんは好きだけど、難点もあります。

まず、露天風呂の水深が浅い。
…寒い時は内湯で対応のこと。
お泊まりの前後、周辺に観光スポットが少ない。
…そもそも魅力度最下位県だしなぁ。

私にはそれくらい。
そんな些事より、こっち↓↓↓↓↓が大事!

怒濤のご飯写真

イメージ

夜ご飯と

イメージ

朝ご飯。

価格に対して、部屋が広いのか、ご飯の量が多いのか、ご飯が美味しいのか、はたまたお部屋に天然温泉付き!なんかのプラスアルファがあるのか、人によって重視するポイントはいろいろあると思いますけども。
私の場合は、ご飯の美味しさを最・重・要・視。
高ーーーいお金を出せば、すんごく美味しいご飯…というか高級食材が提供されるのは、当たり前すぎて面白くない。
茶寮 砂の栖さんでは、すこぶる高い食材は使っていないんだけど、ひとつひとつの料理にちゃんとした仕事がうかがえる。
きっちり美味しい。
ここが大好き。
板長さんのファンと言っても過言じゃないかも。

今日も満腹。
今日も幸せ。
ではでは、See ya!

Archives